M字ハゲ治療安い

\AGA治療のおすすめ第1位/

トップページ > 東京都 > 港区

「かなりお金をかけてM字ハゲ治療したけど効果を感じなかった…。」

そんな病院やクリニックで撃沈する前に!

当サイトでは東京都港区にお住まいの方に、M字ハゲ治療に実績のあるおすすめのAGAクリニックをご紹介しています。

「育毛剤を試しても、食生活を良くしても、あまり効果が感じられない…」

そんなお悩みを抱えていらっしゃいませんか?

そのM字ハゲの原因、AGAの可能性があります。

M字ハゲを治療するためには、ご自身のM字ハゲの原因がAGAか否かを専門的に確認する必要があります。

そのためにまずは、信頼と実績のある安心のAGA治療専門のAGAクリニックで診断を受けることが重要です。

M字ハゲや薄毛、抜け毛が気になる人にとって、「AGA」という単語はよく耳にする言葉かと思いますが、そもそも、AGAとは何かご存知ですか?

AGAは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」という意味の脱毛要因の一つです。

男性ホルモン(テストステロン)が還元酵素(5αリアクターゼ)と反応してできた「5αディハイドテストステロン」の働きによって毛母細胞の活力が下がっていく症状のことを男性型脱毛症(AGA)と言います。

AGAによる薄毛のパターンは、

  • 生え際(おでこ、M字)から後退するタイプ
  • 頭頂部(つむじ、O字)から進行するタイプ
  • 全体的にうっすらと進行するタイプ

等があります。

AGA以外のM字ハゲの要因は、粃糠性(ひこうせい)脱毛症、脂漏性(しろうせい)脱毛症、円形脱毛症などがあり、これらの症状にはAGA治療を行っても効果が期待できません。

そのため、M字ハゲに悩んでいる方が最初に行うべきことは、ご自身のM字ハゲの原因がAGAか否かを判別するために、まずAGA治療専門の病院に行って専門のお医者さんに相談してみることなのです。

一人で悩んでいても何も解決しません。悩んでいる間にもどんどんとM字ハゲは進行していきます。

M字ハゲ対策はスピード勝負です。完全にハゲてしまってからでは元のフサフサに戻すのはとても困難です。

カウンセリングは完全無料ですので、できるだけ早めに無料相談を行い、M字ハゲ対策を立てるべきです。

以下で信頼と実績のあるおすすめのAGAクリニックを厳選しましたので、まずはこちらでの無料相談をおすすめします。

M字ハゲでお悩みの方におすすめ
\AGAクリニックランキング/

月額3,400円から手軽に始めるAGA治療!
評価カウンセリング店舗
★★★★★無料全国49院
  • 発毛実感率99.4%
  • 通える!全国に49院も
  • 高品質・高濃度のオリジナル治療薬

【発毛効果をより一層高めることを可能に】
AGAクリニックの「AGAのメソセラピー」は有効成分を直接頭皮に注入することで、発毛効果をより一層高めることを可能にしたAGA治療です。痛みを感じることなく治療をすることが可能です。

【オリジナル発毛薬で発毛促進】
内服薬で体の内側から発毛しやすい環境を整えると同時に、外用薬で直接毛根に発毛促進を働きかけます。


低価格で効果抜群のAGAクリニック!
評価カウンセリング店舗
★★★★☆無料新橋の本院のみ
  • 育毛メソセラピーが1回2万円以下
  • 一人ひとりにあわせた治療法を提案

【安心して通える治療費設定】
どれだけ効果のある治療であっても継続的に続けていく事が出来なければ意味がないというクリニックの行動指針の元、患者の負担を理解し安心して通える治療費設定となっています。

【明朗な情報開示】
効果・費用・副作用など、治療を行うにあたって不安や心配なこと等、ホームページや診療を通じて正しい情報を積極的に提供しています。


1年間の来院者数100万人超!
評価カウンセリング店舗
★★★★☆無料72院
  • 症例件数が多い
  • プロペシアが安い

【治療後1か月で効果を実感】
新治療ダブルマトリックスは、1回の治療、1ヵ月で効果を実感することができるAGA治療の概念を覆す新治療法です。

【発毛実感率99%】
AGA薄毛を改善したい方、自分に最も適しているものを選択したいという方は、発毛実感率99%のオーダーメイド処方のAGA治療薬がおすすめです。

まとめ

今、M字ハゲ治療にお悩みの方、市販の育毛剤や発毛剤、育毛シャンプー、育毛法など独力で改善しなかった方は、信頼と実績のあるAGAクリニックのご利用がオススメです。M字ハゲ改善に効く可能性の一つとしてご検討下さい。。

東京都港区の方向けはじめてのAGA治療Q&A

AGA治療を考えているが一歩踏み出せないという方、病院選びで失敗したくない方、まずはAGAクリニックの処方薬や治療法・費用について知ることが重要です。AGA治療に関係した様々な情報をQ&A方式でご紹介します。

Q.M字ハゲにも効果はありますか?

A.症状の進行度に応じて効果が現れます。

AGAは症状が進行すればする程、治療が難しくなりますが早く治療を開始することで、改善が難しいとされる額・M字部分が改善した症例も多数あります。

Q.発毛の効果はいつ頃実感できますか?

A.3ヶ月~6ヶ月程度が目安となっています。

個人差はありますが、通常3~6ヶ月程度で効果を実感できる方が多いです。治療については、約6ヶ月~1年継続治療されることをお勧めします。

Q.AGA治療は一生涯続ける必要がありますか?

A.いいえ。

ただし、独自の判断による治療の中止は脱毛を引き起こす可能性があります。 医師の指導の下、治療止めても問題無しと判断されれば大丈夫です。

Q.タバコはやめた方がいいですか?

A.可能であれば止めることをおすすめします。

ニコチンによる血管収縮作用が頭皮への血流が低下させ、治療効果に影響が出る可能性があると言われています。 また、喫煙者と非喫煙者での発毛効果に差異があることが報告があります。

Q.AGA治療は健康保険の対象ですか?

A.いいえ。

自費診療のみです。厚生労働省の通達によって、薄毛・AGAの保険適応はなされていません。

Q.市販の育毛剤を併用しても大丈夫ですか?

A.医師にご相談ください。

クリニックで処方された外用薬と育毛剤の成分が化学反応を起こすと、アレルギーやかぶれなどの原因となる可能性があります。 併用される場合はAGAクリニックの専門の医師に相談されることをお勧めします。

東京都港区の薄毛・AGAクリニックはこちら

表参道ウィルAGAクリニック
〒107-0062 0120-218540
東京都港区南青山3丁目18-19-5F
AGAスキンクリニック東京新橋院
〒105-0004 03-3571-5810
東京都港区新橋1丁目12-10-4F
AGAスキンクリニック東京品川院
〒108-0075 03-6712-8332
東京都港区港南2丁目2-16-6F

M字ハゲ治療の基礎知識コラム

男性型脱毛症(AGA)の治療には公的な医療保険が適用されず、治療にも長い時間を要するため、毎月の治療費のすべてが患者にのしかかってきます。

よく使われている薬のうちプロペシアでしたらいくつかの後発医薬品が発売されているため、代わりに利用すればかなりの節約になります。
海外ではジェネリックが以前から販売され、個人輸入する人もいましたが、国内では2015年にファイザー、2016年にサワイなどのジェネリックが流通するようになりました。ただ、後発品の使用には医師の許可が必要です。ヘアワックスやスプレーなどの整髪料には髪を整えやすくするよう界面活性剤の入ったものが多いです。界面活性剤は髪の主成分であるコラーゲンを破壊するので、日常的に使う量が多かったり洗い残しがあったりすれば抜け毛を増やすことになります。

当然ながらAGAの治療には良い影響は与えません。



なるべく髪と地肌にやさしい成分の整髪料を使い、髪型を整える際にも整髪料が頭皮につかないようにするのが大切です。



AGA治療には飲み薬のプロペシアやミノキシジルを含んだ塗り薬が使われます。
プロペシアをもらうためには病院で処方箋や指示書を出してもらわなければ入手できません。
ミノキシジル配合の育毛剤は医薬品ではないので医師の診断が無くても買う事ができます。ミノキシジルにはプロペシアと同様に飲み薬もありますが国内では塗り薬だけがAGA治療薬として認可されています。
ミノキシジルの飲み薬はインターネット個人輸入が可能ですが100%自己責任なのでお勧めすることはできません。

発症要因を考慮すると、AGAの症状は思春期を過ぎた人なら発症してもおかしくありません。どれくらいの年代で発症する薄毛をAGAというのかは、具体的に決められてはいませんが、思春期以降なら10代であろうと、他のどの原因よりAGAの疑いが強いケースもあります。
ただ、ストレスや免疫異常による薄毛の可能性もありますから、専門医の診察を受けることを推奨します。なお、近年AGAの主要な治療薬であるプロペシアは、抗男性ホルモン薬であり未成年への使用は禁忌とされていることから、10代では処方してもらえません。
AGA治療のガイドラインで認められているプロペシアにはAGA治療に有効とされる貴重な薬です。ですが、どんな薬にも副作用があるので服用前にどんな副作用があるのかを知っておきたいところです。

プロペシアの副作用で深刻度が高いものといえば肝機能障害ですが障害の有無は血液検査でチェックできますから使用前後の変化を調べることが大切です。
又、プロペシアは元々前立腺がんの治療薬だったので前立腺がんの検査数値に誤差が生じることもあります。他には男性でも乳癌を発症したりアレルギーやうつの発症なども危惧されています。一般に医療費の7割は健康保険で賄われるものです。

しかし厚生労働省の定める医療保険の適用範囲を見る限りでは、AGAの治療薬は現状では対象ではありません。



ですから、基本的にはAGA治療は美容整形のように保険適用外となり、全額を患者が支払うことになります。コスト的にはどういった検査や治療をしていくかで大幅に変わるので参考値を出すのが難しいのですが、確実にローコストというと後発医薬品を継続的に服用していくことです。そしておそらく一番コストが高いのは植毛で、本人の希望次第では百万円以上かかった例もあります。



東京都港区の方向けAGA治療お役立ち情報

おすすめ1位のAGAスキンクリニック

東京都港区でAGA治療するなら