M字ハゲ治療安い

\AGA治療のおすすめ第1位/

トップページ > 東京都 > 昭島市

「かなりお金をかけてM字ハゲ治療したけど効果を感じなかった…。」

そんな病院やクリニックで撃沈する前に!

当サイトでは東京都昭島市にお住まいの方に、M字ハゲ治療に実績のあるおすすめのAGAクリニックをご紹介しています。

「育毛剤を試しても、食生活を良くしても、あまり効果が感じられない…」

そんなお悩みを抱えていらっしゃいませんか?

そのM字ハゲの原因、AGAの可能性があります。

M字ハゲを治療するためには、ご自身のM字ハゲの原因がAGAか否かを専門的に確認する必要があります。

そのためにまずは、信頼と実績のある安心のAGA治療専門のAGAクリニックで診断を受けることが重要です。

M字ハゲや薄毛、抜け毛が気になる人にとって、「AGA」という単語はよく耳にする言葉かと思いますが、そもそも、AGAとは何かご存知ですか?

AGAは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」という意味の脱毛要因の一つです。

男性ホルモン(テストステロン)が還元酵素(5αリアクターゼ)と反応してできた「5αディハイドテストステロン」の働きによって毛母細胞の活力が下がっていく症状のことを男性型脱毛症(AGA)と言います。

AGAによる薄毛のパターンは、

  • 生え際(おでこ、M字)から後退するタイプ
  • 頭頂部(つむじ、O字)から進行するタイプ
  • 全体的にうっすらと進行するタイプ

等があります。

AGA以外のM字ハゲの要因は、粃糠性(ひこうせい)脱毛症、脂漏性(しろうせい)脱毛症、円形脱毛症などがあり、これらの症状にはAGA治療を行っても効果が期待できません。

そのため、M字ハゲに悩んでいる方が最初に行うべきことは、ご自身のM字ハゲの原因がAGAか否かを判別するために、まずAGA治療専門の病院に行って専門のお医者さんに相談してみることなのです。

一人で悩んでいても何も解決しません。悩んでいる間にもどんどんとM字ハゲは進行していきます。

M字ハゲ対策はスピード勝負です。完全にハゲてしまってからでは元のフサフサに戻すのはとても困難です。

カウンセリングは完全無料ですので、できるだけ早めに無料相談を行い、M字ハゲ対策を立てるべきです。

以下で信頼と実績のあるおすすめのAGAクリニックを厳選しましたので、まずはこちらでの無料相談をおすすめします。

M字ハゲでお悩みの方におすすめ
\AGAクリニックランキング/

月額3,400円から手軽に始めるAGA治療!
評価カウンセリング店舗
★★★★★無料全国49院
  • 発毛実感率99.4%
  • 通える!全国に49院も
  • 高品質・高濃度のオリジナル治療薬

【発毛効果をより一層高めることを可能に】
AGAクリニックの「AGAのメソセラピー」は有効成分を直接頭皮に注入することで、発毛効果をより一層高めることを可能にしたAGA治療です。痛みを感じることなく治療をすることが可能です。

【オリジナル発毛薬で発毛促進】
内服薬で体の内側から発毛しやすい環境を整えると同時に、外用薬で直接毛根に発毛促進を働きかけます。


低価格で効果抜群のAGAクリニック!
評価カウンセリング店舗
★★★★☆無料新橋の本院のみ
  • 育毛メソセラピーが1回2万円以下
  • 一人ひとりにあわせた治療法を提案

【安心して通える治療費設定】
どれだけ効果のある治療であっても継続的に続けていく事が出来なければ意味がないというクリニックの行動指針の元、患者の負担を理解し安心して通える治療費設定となっています。

【明朗な情報開示】
効果・費用・副作用など、治療を行うにあたって不安や心配なこと等、ホームページや診療を通じて正しい情報を積極的に提供しています。


1年間の来院者数100万人超!
評価カウンセリング店舗
★★★★☆無料72院
  • 症例件数が多い
  • プロペシアが安い

【治療後1か月で効果を実感】
新治療ダブルマトリックスは、1回の治療、1ヵ月で効果を実感することができるAGA治療の概念を覆す新治療法です。

【発毛実感率99%】
AGA薄毛を改善したい方、自分に最も適しているものを選択したいという方は、発毛実感率99%のオーダーメイド処方のAGA治療薬がおすすめです。

まとめ

今、M字ハゲ治療にお悩みの方、市販の育毛剤や発毛剤、育毛シャンプー、育毛法など独力で改善しなかった方は、信頼と実績のあるAGAクリニックのご利用がオススメです。M字ハゲ改善に効く可能性の一つとしてご検討下さい。。

東京都昭島市の方向けはじめてのAGA治療Q&A

AGA治療を考えているが一歩踏み出せないという方、病院選びで失敗したくない方、まずはAGAクリニックの処方薬や治療法・費用について知ることが重要です。AGA治療に関係した様々な情報をQ&A方式でご紹介します。

Q.M字ハゲにも効果はありますか?

A.症状の進行度に応じて効果が現れます。

AGAは症状が進行すればする程、治療が難しくなりますが早く治療を開始することで、改善が難しいとされる額・M字部分が改善した症例も多数あります。

Q.発毛の効果はいつ頃実感できますか?

A.3ヶ月~6ヶ月程度が目安となっています。

個人差はありますが、通常3~6ヶ月程度で効果を実感できる方が多いです。治療については、約6ヶ月~1年継続治療されることをお勧めします。

Q.AGA治療は一生涯続ける必要がありますか?

A.いいえ。

ただし、独自の判断による治療の中止は脱毛を引き起こす可能性があります。 医師の指導の下、治療止めても問題無しと判断されれば大丈夫です。

Q.タバコはやめた方がいいですか?

A.可能であれば止めることをおすすめします。

ニコチンによる血管収縮作用が頭皮への血流が低下させ、治療効果に影響が出る可能性があると言われています。 また、喫煙者と非喫煙者での発毛効果に差異があることが報告があります。

Q.AGA治療は健康保険の対象ですか?

A.いいえ。

自費診療のみです。厚生労働省の通達によって、薄毛・AGAの保険適応はなされていません。

Q.市販の育毛剤を併用しても大丈夫ですか?

A.医師にご相談ください。

クリニックで処方された外用薬と育毛剤の成分が化学反応を起こすと、アレルギーやかぶれなどの原因となる可能性があります。 併用される場合はAGAクリニックの専門の医師に相談されることをお勧めします。

M字ハゲ治療の基礎知識コラム

乳製品はタンパク質の含有量が多く、とても育毛中に適している食べ物です。殊更チーズからはL-リジンという必須アミノ酸を摂ることができます。これは育毛治療の際に使われることが多い成分のミノキシジルの働きを活発にすることができます。この事から、どんどん摂るべきとも言えます。ですが、過剰に摂取するとカゼインという乳製品が持つ成分が他の栄養素の吸収を阻害するので、分量に気を付けるようにしてください。産毛がおでこや生え際に生え始めると、治療の成果が現れてきたと言えます。この時、毛母細胞も活性化していれば、生え始めた産毛は、そのまま豊かでハリのある頭髪の毛へと変わっていきます。ただ、この細胞の機能が完全に回復していない状態では、生えた産毛は、残念ながら抜けてしまいます。産毛は育毛治療の初期段階です。産毛の状態で確実に育毛治療が上手くいっていると判断するのは危険です。発毛から頭髪が寿命を迎えて抜けるまでをヘアサイクル、もしくは毛周期といいます。非AGAの人の場合、もっとも毛髪の成長が著しい成長期が数年続き、終わり頃には毛があまり伸びなくなる退行期が半月ほどあって、成長が止まり(休止期)、最終的に抜け落ちます。強いストレスを受けた場合やAGAを発症した場合はこの循環に狂いが生じ、1サイクルが短いものになってしまい、何年も維持されるべき毛髪が成熟を迎える前に落ちてしまうため、抜け毛が増えてAGAらしい頭頭髪状態になっていきます。強い緊張や身体的な負荷が原因で抜け毛が急に増えることがあります。俗に十円ハゲとも呼ばれる円形脱毛症は代表的な例です。同じようにAGAの症状が発現するのも過度なストレスが背景にあることが少なくありません。ひどくストレスを受けたりすると、生物学的には自然な反応ですが、それに対応するために体内でホルモンの調整が行われます。男性型脱毛症というようにAGA発症は男性ホルモンの影響を強く受けるため、ストレスと結びつけて考えることは間違いではないのです。肌をプルプルにする美容効果があるとして人気のあるコラーゲンですが、意外にも、育毛にも効果を発揮するのです。皮膚の真皮層は70%がコラーゲンで形成されていて、コラーゲンの減少によって肌のハリがなくなります。当然、頭皮においても同じリスクがあるといえます。頭皮にコラーゲンが十分に満たされていると、新陳代謝が良くなるので、育毛に適した頭皮になります。進行性の男性の脱毛症のことをAGA(Androgenetic Alopecia男性型脱毛症)と呼びます。発症するのは思春期以降で、前髪の分け目から始まって生え際をなぞるように薄毛になり、毛のない面積が増えていきます。また頭頂部やつむじの抜け毛も同時に進行していきます。なぜAGAの症状が出る人とそうでない人がいるのかは、昔から研究されていますが、解明しきれているとは言えません。しかしながら男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンを重要因子とする考え方は間違いではなく、今後さらに研究が進んでいくでしょう。毛が薄くなっていく場所が似通っているのがAGAの特徴でもあります。おでこや頭頂部から毛が抜けて地肌が目立つようになり、その一方で後頭部や側頭部の髪は残っている状態といえば察しのつく方も多いでしょう。このパターンを踏襲せず、硬貨ほどの大きさで丸く抜け毛が発生するのは円形脱毛症であって性ホルモンとは関わりがなく、AGAとは区別して考えるべきです。ほかにAGAの特徴というと症状が進行性である点が挙げられます。気になることがあれば皮膚科かAGAの専門医で診てもらいましょう。育毛を努力して続けているにもかかわらず、産毛の発生しかないと嘆いている人も数多く存在します。育毛に効果があることを実行することも重要ですが、育毛の障害となるものを排除することもさらなる重要事項となります。髪の毛のためにならない日常の習慣はできる限り早期に改めてください。家系を振り返った時に、薄毛の家族がいる場合は、病院に行って治療を受けるのも適切です。喫煙者にとっては厳しい事実かもしれませんが、育毛やAGAの治療を妨げるものとして最たるものがタバコです。吸わない人に比べ喫煙者はより多くジヒドロテストステロンという抜け毛を助長する性ホルモンが増加するからです。喫煙で体内に取り込まれたニコチンは即時的に血流を悪化させる作用があるため、地肌や毛髪にとっては踏んだり蹴ったりの状態になってしまいます。真面目に治療に通ってもこれでは元も子もありませんし、もしかしてこれはAGAではと思ったら喫煙はやめたほうが良いのです。現在わかっているところではAGAを発症するかしないかを決めるのは、親からの遺伝で発症の可能性が潜在的に高いことと、男性ホルモンの作用です。それとは別に、食生活や睡眠サイクル、入浴の仕方などのほか、仕事やプライベートのストレスも補助的要因として考えられるでしょう。とはいえ本当にはっきりと内容が把握できているのは、男性ホルモンと還元酵素の影響ぐらいです。一般的な男性ホルモンであるテストステロンが強い作用をもたらすジヒドロテストステロンになり、その結果、毛母細胞からの発毛と頭髪の維持を妨げているというメカニズムがわかってきました。

東京都昭島市の方向けAGA治療お役立ち情報

おすすめ1位のAGAスキンクリニック

東京都昭島市でAGA治療するなら